歯、歯科治療に関する事や医院での出来事などをまとめてご紹介します。

八戸市の歯科 ささき歯科

歯、歯科治療に関する事や医院での出来事など

八戸市の歯科 ささき歯科便り <歯、歯科治療に関する事や医院での出来事など>


インプラント治療の期間はどのくらいですか?

2007年08月09日(木)

インプラント治療の期間はどのくらいになりますか

インプラント治療の期間は、通常3〜6ケ月となります。
治療の期間の、3〜6ケ月のご説明をしますと、患者さん個人個人の診断のためのレントゲン撮影(X-Ray撮影)や、手術の環境を整えるための歯科口腔清掃オーラルクリーニングを行なわせていただいた後、インプラントオペを行うことが出来ます。ここまで1週間程度と見てください。
次にインプラントオペの後1週間後には、糸を取り、1ケ月後歯肉の診査および血流を良くする処置をします。そして骨がインプラントの周りに早くできるように、低周波YAGレーザー治療を行います。
患者さんの骨の状態がよければ次の1ケ月後、つまりオペ後2ケ月に型を採り、約2週間後セラミック冠が入ります。ここまでで約3ケ月ということとなります。骨が柔らかいときにはオペ後3〜4ケ月後に型を採ります。
骨が不足する場合には骨造成(骨をつくる処置のことを言います・GBR法)を行いますのでオペ後4〜11ケ月にセラミック冠を入れることとなります。



このページのトップへ